シンプルな暮らし方

モノを減らしたら人生変わるって本当ですか?

2016年断捨離の成果

2016年、断捨離した物、事を振り返ってみました。

 

【歯】歯を3本抜きました

歯列矯正中なのですが、非抜歯から抜歯に治療方法を転換しました。

抜歯をしたくないと意思を貫いてきましたが、抜歯をしないと治療が進まないことに悩み、祖母シーラの葬式後にそんな悩みもどうでもよくなって抜歯を決意しました。

結局3本抜歯し、現在治療は順調です。

 

alicecooper.hatenablog.com

 

【長い髪】長年ロングヘアーでしたがショートヘアーに

「ラクだから」という理由で長年ロングヘアーでした。

ロングだとちょっと寝癖があってもまとめて縛れば朝のセットは終わり、美容室にも頻繁に行かなくてもいいですよね。アリスは剛毛でクセもあったのでそれが最善の策と思っていたんです。でも30歳を超えたころから髪の質が変わってきて白髪もチラホラ。きっと栄養が毛先まで届かないのでしょう。あぁ、いつかショートにしたいな…と思いながら過ごしてきました。

夏前、いつもカットをしてくれていた美容師さんが辞めるというので最後のカットの時に思い切ってショートにしてもらいました。

20代の頃はロングが自分に一番似合っていると思っていましたが、実際切ってみるとショートが意外と似合っていたことに驚きました。きっと年齢に合わせて似合う髪型も変わって行くんですね。

毎朝寝癖がひどいですが、思っていたよりもセットもラクです。ロングヘアーを手放して本当に良かったです。

 

【ソファー】使いにくい家具を手放しました

alicecooper.hatenablog.com

このソファーを断捨離して部屋がとても広くなりました。掃除もとってもラクです。

リビングにはソファーは必須だと思い込んでましたが、そんなことはありませんでした。ソファーがなくなった今では畳の部屋でクッションソファーでリラックスしています。

 

【服】20代に買った服を一掃

alicecooper.hatenablog.com

断捨離の基準に「20代に買ったもの」を加えたら驚くほど数が少なくなりました。

これまで着ていない服、似合わない服というのを基準に断捨離してきましたが、例え出番が少なくてもなんとなく持っていた20代に買った服、バッグ、靴を思い切って一掃しました。

20代から30代にかけて生活が大きく変わるに連れて、好みや似合う基準も大きく変化したんだなと思います。

 

【仕事】「この仕事にしがみつく」から「いつでも辞めてもいい」へ

今の仕事をして満4年が経ちました。

2016年は仕事を断捨離できた。と言うと仕事を辞めたと思われてしまいますが、そういう訳ではありません。以前は必死で仕事をしてきました。でも、ふとこの仕事をこれから先10年、20年続けると考えた時にゾッとしてしました。別に今の仕事が死ぬほど嫌な訳でもないですし、やりがいもあります。ただ単純に、これからもっと自分の生活が変化していく可能性が欲しいと思ったのです。以前はこの仕事、この業界でがんばると考えてきましたが、いい機会があったら別の仕事をしたいなと思っています。

「いつでも辞めてもいい」というスタンスで日々仕事をするようになりましたが、決して適当に仕事するということではなく、いつ辞めても悔いが残らないようにしたいと思うようになり、実際仕事の効率も上がっています。結果的に前よりも仕事を楽しめるようになったと思います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村