シンプルな暮らし方

モノを減らしたら人生変わるって本当ですか?

これが最後のフリマ出店!!…になるはず。

気づけばもうすぐ5月も終わりですね。
ところでGWはいかがお過ごしでしたか?
アリスは友人と三人でフリマ出店をしてきました。もちろん目的は断捨離したモノを処分するためです。事実、30代前半働く女子たちの家には不用品で溢れているのです。アリスは先月から家中の不要なモノを集めて部屋はゴッタゴタでした。

f:id:AliceCooper:20160508204244j:image

今回のフリマ、出店料は500円とかなりリーズナブル。中高年オバサマや子連れママが多い和やかなフリマでした。

手放したいけど捨てるに忍びないモノをまた誰かが使ってくれれば…というスタンスでしたのでほとんどの商品を100円で売ってきました。新しい持ち主の元で活躍してくれればと思います。

それでも100円では安すぎるなと思ったモノも。ほぼ新品の帽子や靴、高かったバッグはちょっと高値の300円~600円で値段をつけていたのですが、オバサマ達はそれでも容赦なく値切ってきます。いくつかは値切り交渉の末、結局100円、2個で100円で売りました。

今回のフリマでの売れ残りは家には持ち帰らない覚悟を決めていましたので、売れ残った商品は帰り道にまとめてリサイクルショップへ行き買い取りしてもらいました。ところが洋服類はほぼ値が付かず、タダ同然で引き取ってもらうことに。値が付かないなら持って帰ろうかなと2000円位で購入したセーターを触って迷っていたところ、友人から「アリス、もう終わりにしよう…」との声が。ここでおもいきって手放して不用品整理からも解放されなければ!とアリスも気づき、そのまま引き取ってもらいました。今振り返ってもあの時持ち帰らず引き取ってもらって本当に良かったです。もうアリスの家には不用品を置く場所なんでありませんもんね。

最近のアリスの洋服の断捨離はといいますと、「削ぎ落とし」の段階に入ってきています。以前は明らかに汚れた服や好みでないものを手放していました。今回のフリマでは今までなかなか断捨離対象できてこなかった使ってないけれど手放せない洋服やバッグを思い切って手放せたのです。買ったけど使っていないモノ、つまりは失敗した買い物の黒歴史を一掃できました。

 さてさて、数日間かけてフリマ出品用のモノを集めて積んでいたスペースはアリスの食事定位置の真正面でした。フリマの日まで不用品を眺めながら食事を取っていたのですが、特に気にはしていませんでした。でも不用品が片付きアリスの視界に入らなくなって気分が良くなったことに気づき、不用品の発する負のパワーに気づきましたよ。

 

これが最後のフリマ出店にしようと意気込んでいましたが、友人の実家でフリマ商品がたくさんあるとこのこと。もしかしたら冬くらいにまたフリマ出店することに!?

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村