シンプルな暮らし方

モノを減らしたら人生変わるって本当ですか?

断捨離しました【敷布団編】③

f:id:AliceCooper:20150502175143j:plain

敷布団を使ったり使わなかったりの日々を

アリスは過ごしてきました。

 

アリスはいつでも捨てる心構えがありましたが

やはりオットが敷布団を使わないという決意がないのだろうなー、と

そのままにしてきたのです。

 

しかし、3月頃からオットが敷布団を使わないと言い始めたのです。

いつも体の一部が布団からはみ出るという状況に

オットも若干イライラしてきたようです。

 

それにオットは腰痛持ちでもあるので、

やはり敷布団なしのほうが腰の調子も良いらしいです。

 


今がチャンス!とアリスは思い、オットに聞いてみましたよ。

 

アリス「使わないなら敷布団捨ててもいいかな?」

オット「ノープログレム!」

 

こうしてアリスは再び敷布団断捨離を迎えました。

 

物を手放す時って気力を使う時が2度あります。

一度目は「これはもういらない。」と決断するとき。

二度目は実際ゴミ袋に入れてゴミとして出す時、または売るとき。

物とのお別れのときです。

 

断捨離すると決めて洋服を段ボールに入れても

あとで「やっぱり捨てられない!」と、また出してしまうこと、よくありますよね。


今回の敷布団断捨離は考える時間が長かったので

決断から実行まで数日でした。

 

実際ゴミに出すときも「敷布団おっつー」

という実に軽い別れでした。


敷布団がなくなりお部屋もすっきりしました。

そして「敷布団を干す」という家事もなくなり

また暮らしがシンプルになったのです。