シンプルな暮らし方

モノを減らしたら人生変わるって本当ですか?

断捨離しました【敷布団編】②

f:id:AliceCooper:20150425222146j:plain

敷布団を使わなくなってから1年ほど経ちました。

しかし、敷布団さんががアリスの家にやって来たのです。

 

夏に義姉家族がアリス宅に泊まりに来ることになりました。

でも、アリスの家には4名家族が寝るだけの布団の備えがありません。

そこで、親戚にお願いして4組ほど借りてきました。

義姉家族も帰り返却に行ったところ敷布団を1枚くれると言うのです。

 

アリスは根っからの「いただける物はいただく」精神の持ち主なんです。

もちろんありがたくいただきました。

「いらなかったら捨てていいのよ」と言ってくれてましたし。

 

アリスは思ったのです。

「これで来客用の布団が2組になったわ♪」

(遊びに来てくれる友達もそんなにいないのにね)

 

そんなこんなでアリスの家に敷布団がやってきました。


しかし、問題発生です。

アリスの狭小住宅の押し入れに敷布団が収納できませんでした。

 

「パンがないならケーキを食べればいいじゃない」

とかつてマリーアントワネットは言いました。

「お布団が押し入れに入らないなら使えばいいじゃない」

とアリスも思いました。


せっかく脱敷布団をしていたのに

またこうして敷布団を使うようになったのでした。

 

実際は主にオットが使い、アリスはその辺で転がって寝てましたけどね。

でも敷布団の誘惑に勝てず、

オット起床後はアリスが転がって布団に移動してました。

至福のひとときです。


今思えば、断捨離の「断」を行っていればよかったのです。

「断」を行わなかった故に

「捨」に至るまでまた2年近くもかかってしまいました。

 

では、どうしてアリスはまた敷布団を断捨離したのか。

それはまた次回。


つづく