シンプルる。

モノを減らしたら人生変わるって本当ですか?

息子との時間をもっと作るために。

息子が保育園に入って早3ヶ月。

そして育休を終えて仕事に戻って2ヶ月。

仕事に戻って最初の2ヶ月はまぁまぁ元気に保育園に通っていた息子、

最近は徐々に体調を崩すようになり、先週はついに保育園から園内で流行っているのでとRSウイルスの検査をしてくるように言われました。

 

1歳過ぎるとRSウイルス検査って保険適用外。

そもそもRSウイルスってただの風邪なんですが。。検査必要?

と、若干疑問を持ちつつも小児科へ。

待合室で元気に暴れていた息子、しっかりRSウイルス陽性でした。

保育園に報告すると1週間は休んでほしいとのこと。

タイミング悪くオットは出張、職場の理解もありアリスが仕事を休むことに。

有給休暇は驚異のスピードで減っていきます。

 

普段はオットと二人で頑張って育児してると粋がって思いがちですが

こうやって仕事を続けながら育児ができるのは職場の理解があってこそ。

本当に職場の皆さまに感謝。

 

保育園に入る前はまさに24時間365日息子と一緒でしたが

保育園に入り仕事に戻り一緒に過ごせる時間は朝と夜のほんの少しの時間と週末。

その週末もオットに任せて出勤することも多かったので

久々に息子と二人きりの時間を過ごしています。

 

昼間から息子とゆったり過ごす時間、あ〜幸せと思ったのもつかの間

アリスにまで何かの風邪ウイルスがうつりました。

RSウイルスは大人にうつってもただの風邪だと聞いていましたが

高熱が出なくても咳と鼻水でただの風邪だってまともにかかったら辛いです。

息子の看護のための休暇なのか自分の体調不良の休暇なのか曖昧になってきました。

 

今回息子と二人きりで過ごせて思ったこと。

もっと息子との時間を作るべきだなぁ。と。

 

保育園と仕事で1日中一緒にいられるのは週1回、

その1日もほぼ家事に追われているのが現状。

 

産前からかなり物も減らしてきたけれど

「もっと家事をそぎ落としてシンプルにする。」

 

それが目下の目標です。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

毛布もついでに捨てました。

オットの独身時代の毛布を捨てることにしました。

結婚した年の冬に寝具を新調してから6年、

一度も使わず収納していましたのでそろそろ捨て時かなと。

長年しまっていたので所々シミもできていました。

 

f:id:AliceCooper:20190317091117j:image

最近しゃもじが大好きな息子と毛布。

 

畳めば余裕で大きいサイズのゴミ袋に入りますが、念のため行政のゴミの捨て方ハンドブックを確認したら「50センチ未満き切れば燃えるゴミ」とのこと。

f:id:AliceCooper:20190317091121j:image

またもザクザクと切断。

ゴミ袋小サイズにギュウギュウに詰め込みました。

 

 

f:id:AliceCooper:20190317091134j:image

雨だったのでしょうがなく家の中で切断しましたが

やっぱりホコリだらけに。あーあ。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

敷布団捨てました。

数回しか使っていなかったニ◯リで購入した来客用の敷布団がカビました。

 

去年の引越しの際に捨てようとしたけれど、オットが使うと言う。

 

ちょうどその頃から息子の寝相が悪すぎてベビー布団の枠に収まらなくなったので

アリスと息子がダブルの布団で寝て

オットがシングル布団(カビ付き)で寝るという形に落ち着きました。

 

alicecooper.hatenablog.com

 

 

でも寝心地はかなり悪かったようで(それ以前にカビてるが)

ダブルの布団と同じくアイリスオーヤマのエアリーマットレスのシングルを購入。

マットの中のエアロキューブがキュルキュル鳴りますが寝心地はサイコーとのこと。

 

さて、カビ布団の処分ですが、自治体の粗大ゴミチケットを購入して

いざ予約の電話をしてみたら

「年度末で混み合ってまして、来月中旬になります」

とのこと。

 

待たせるなぁ。でもしょうがない。

 

敷布団の回収をお願いしたいと伝えると

 

「50センチに切断したら燃えるゴミで出していいですよ」

とのこと。

 

1ヶ月待つよりも切断して明日ゴミに出したほうがいいのかもしれない。

と一旦予約せず電話を切りました。

 

敷布団が2m弱だから四等分したら50センチに弱になるだろうと

テキトーに切ってみました。

f:id:AliceCooper:20190313070717j:image

 

4枚になったけどゴミ袋の大サイズに入らない。

 

そもそも「50センチに幅」に切るのではなく

「50センチ四方」にしなければいけないのかも

 と更に小さく切断。

f:id:AliceCooper:20190313070737j:image

2枚を残してどうにかゴミ袋に入りました。 

 

職員さん曰く「敷布団切断済み」とゴミ袋に書くと回収担当者さんが分かりやすいそう。

f:id:AliceCooper:20190313070744j:image

 誤字失礼いたします。

 

 

f:id:AliceCooper:20190313070807j:image

気づいたら白いホコリだらけになっていました。

次回布団を切断する際は野外ですることにします。

 

敷布団は燃えるゴミの日に出したら無事回収してくれました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

捨てのK点越え

捨てのK点越え

「わたしのウチには、なんにもない」のゆるりまいさんがよく言うセリフです。

 

先日、1ヶ月ほど実家に滞在していた時

久々にK点越えの機会がありました。

 

いきなり降って湧いたように出てきた増税前の実家のリフォーム案。

実家にはアリスは写真類を衣装ケース2箱保管しているのですが

これを機に久々に整理することに。

 

何年か前に「もうこれ以上減らせない」ラインまで減らした写真類。

それでも小学校から高校時代までのデジカメを買う以前の写真、

さらに大学では写真サークルに所属していたもんだから何枚もあるわあるわ写真写真。

 

小学校から中学校は以下の条件で減らしました。

◇自分が写ってない写真

◇写真写りが悪すぎる写真

黒歴史なファッションの写真

以上の写真は無条件にシュレッダー

 

高校時代の写真は几帳面にアルバムにファイリングされていましたので

以下の条件を加えてダウンサイジング。

◇ポケットの後ろに入れられている写真

 

現像された時点で写りが悪かったらすぐに捨てればいいのに

捨てられななくて

なんとなく後ろに入れちゃうんですよね。

 

整理し始めた頃は一枚一枚手に取り心を痛めながらシュレッダーしてましたが

だんだんと無の境地。

心を無にしてシュレッダーし続けました。

 

ささやかなK点越えでした。 

 

大学時代の写真は結局収集つかなかったんですが

ネガは全て処分してプリントされた写真だけ整理することに。

 

そして写真に紛れてキレイにファイリンされていた大量のフライヤーが出てきたので捨てました。

f:id:AliceCooper:20190312210030j:image

どうしてこんなの取っておいたのでしょう。

 

今のようにスマホがない時代

インターネットはネットカフェや大学のPC室でしか見れなかったんです。

カフェや洋服屋さんにイベントのフライヤーがあってよく集めていました。

今ではイベントの告知はfacebookで簡単にできちゃいますね。

 

衣装ケース2箱から1箱まで減らせるかなと思いましたが

そこまでは進まずタイムアップ。

 

久しぶりに懐かしい同級生の写真をたくさん見たせいか

連日遠い昔の夢を見ました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ハッピーバースデー

f:id:AliceCooper:20190308220550p:plain

息子、先日一歳を迎えました。

 

去年の今頃出産して

産後は実家に引きこもってたら気づいたら春が過ぎていて

夏はオットの待つアパートに戻り

秋にはキャンセル待ちの物件が空いたので急遽引越し。

冬が来て2月はオットが長期出張で不在となりアリスは息子を連れて再び実家へ。

 

そして先日また3人の暮らしに戻りました。

 

保育園の内定も出て春には仕事復帰の予定。

そろそろ家の整理をしなければ

重い腰を上げようかと。

そんな感じです。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

生まれました。

f:id:AliceCooper:20180426143009j:image

2月に無事出産しました。


新生児の頃は「ヘェヘェ〜」と弱々しく泣いていた息子、

先日満二ヶ月を迎え、ギャンギャンと立派に泣くようになりました。


産後は産前から続く重い腰痛と慣れない授乳が続き、

やっと身体が回復してきたと感じたのは産後一ヶ月半が経った頃でした。

 

「適度に手を抜いてね。」

と、人生の先輩方は言うけれど、

一体何をどう手抜きしたらいいのか分からず疲労が溜まっていたようです。

 

これから何年も続く子育てはまだ始まったばかり。

夫婦二人きりから家族三人へ

変わっていく暮らしを楽しんでいきたいです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ